37歳から高度不妊治療開始、45歳で出産、その後・・・
http://konoisu.blog97.fc2.com/
admin
 

プロフィール

たみ

Author:たみ
年齢:46歳

30歳の時、両卵管閉塞が発覚し
体外受精を試みるも
精神的に撃沈して離婚。
その後、共に歩いてくれる彼と
出会い、再度体外受精に
挑戦し、8年目、45歳でやっと
授かり無事出産しました

今までの治療に関しては
カテゴリ「治療履歴」
をご覧下さい

過去の記事

リンク

Linkについて

同じ治療をされてる方ならばどなたでもご自由にどうぞ。コメントいただければ相互リンクさせていただきます。

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2013.09.03/ 20:24(Tue)
台風が消えたと思ったらすげー雨で、何だかへとへとです。

被害が出るような降り方しないでくれないかな?お天道様よぉ。
適度にお願いしたいもんです。

さて、9月になりました。お腹も30週に入り、また少し大きくなったかな?って感じです。
今月になってようやく後釜が入社して、昨日から引継ぎ作業が始まりました。
が・・・・・
毎日やること、たまにやること、ごくごくたまにやることがあるんですが、
1つ1つ、色々とそれに関連してやらなくちゃいけないことがあるので、教えるのは大変。
自分が何をやってきたか、改めて考えると意外と細かいことをやってて驚きます。

やるな!わたし! って感じ? ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

8月末で社会保険を切って、9月は有期契約社員として働きます。
旦那様の健康保険の被扶養者として登録してもらうんですが、
離職票が必要だとか、今まで自分が加入していた協会けんぽとは違い、
何だか手続きが複雑そうです。
これからまとめて出産育児一時金や医療費の限度額申請、子供の加入手続き等々、
忙しく手続きが続きます。役所もあるし、意外と大変そうかも。

そんな感じで始まった9月最初の妊婦健診行ってきました。
今日は血液検査があったので、尿に加え採血。
お昼ご飯を駐車場の車の中で食べて、内科へ向かいました。
担当の先生が病棟へいってらして、30分押し。
それでも戻られてからはすぐに呼ばれて血圧、体重ともに合格。
尿検査もOKで、次の妊婦健診と同じ診察予約となりました。

産科はどうしてだか、人は多くなかったです。
待ち時間は1時間半くらい。
内診の結果は、BPD:73.95㎜  AC:244.73㎜  FL:58.1㎜  EFW:1477g
30wにしてようやく、小さ目から標準範囲になり、うれしー♪

血液検査の結果、貧血ありで鉄剤処方されました。
不規則抗体検査のため、再度採血になったりしました。
それと、前回の健診で帝王切開の予定を、37w3dに決めてましたが、
37wで出すことに対して、リスクはないのか?と聞いてみました。
先生は、呼吸障害が10%ほどの確立で起こるかも?とおっしゃいました。
ただ、39wならば5%に下がる可能性もあるけど、
そこまで母体が異常なくいけるかどうかが問題だなーと。

そんな話を聞けば、リスクは最小限に留めたいというのが本音です。
先生のオペ日である木曜日のほかに、月曜日は一人だけオペが出来るということで、
38w0dの10月28日に帝王切開してもらうことになりました。
これで決定です。入院予約もしてきました。
この件に関してはまた後日詳しく。

新しい保険証が出来るまで一息つけないなぁ。




スポンサーサイト
 
編集[管理者用] Comment(0) 
今日も外の気温は35度超えの様子。
一度室内へ入ると、もう外に出る気になりませんね。

今日は、初のマタニティスクールです。
母親学級とか、両親学級とかって名前は聞きますけど、どうすればいいのか・・・
通っている福山医療センターのHPに、28週までの妊婦および夫が参加できる
クラスがあったので、主人同伴で申し込みました。

一人で参加するよりも、夫婦揃ってお話を聞くことが大事だと考えてくれてたようで、
有給取って参加してくれました。
それに引き替え、妊婦の私が仕事を中抜けして参加する事態になってましたけど(笑)

辞めると分かってから、ちょっと厳しいんですよね・・・休むことに対して。

それはともかく、初体験はドキドキで。

まずは、NICUを担当してらっしゃる新生児専門の先生のお話。
予定では30分くらいだそうですが、いつも1時間お話されるので、あとが押しちゃうw
話の内容は、主にカンガルーケア、早期母子接触の利点についてでした。
ご自分の体験談も加え、母乳の利点や、それについての勉強などを聞き、
漠然としていたものが、少し形を表してきたかな?

自分の乳で赤ちゃんを育てるんだー  って感じ。

次のお話は、私の担当医でもある山本医長のお話で、妊娠とその異常について。
妊婦の高齢化が進み、今までとは違う患者さんの流れ、リスクなどのお話で、
頷くことばかりでした。また、胎盤早期剥離の危険性や、早産など
これからも起こりうるであろうリスクをよく知ることで、きちんとした対処をしなきゃと
改めて考えさせられました。

色んな想いを乗り越えて、やっと授かったわが子を、無事この世に産みだすことは
妊娠することよりも、大変なことかもしれませんね。

その後、栄養士さんの妊婦の栄養についてのお話も聞きました。
栄養バランスの話や、体重管理の話など、いつも聞いてる話でも何だか新鮮でした。

そうそう、
参加した5組のうち、3組は夫婦での参加で、それぞれの旦那さんが、
模擬妊婦が体験できるパットを装着してお話を聞いてました。
30分ほどでは、まだまだこれから大きくなっていくお腹を理解することは難しいでしょうけど、
なるほど!と思ったところもあったようです。

次は、33週で受講する両親学級です。
助産師さんによる出産の説明や、病棟の見学とかになりそうです。
ひとつひとつ、親になる準備なんですね。

 
編集[管理者用] Comment(0) 
2013.08.20/ 19:08(Tue)
8月も後半となりました。
まだまだ暑い日が続きますね。 9月になったら、すぱっと涼しくなってくれればいいのに。。

そんな中、
28wを迎えました。8か月です。妊娠後期と呼ばれる時期に突入です。
あまり実感はないものの、ぽこぽことお腹を蹴る動作が、たまに イタタ と思うし、
まだ子宮の中で回転出来るスペースがあるのか、うにょ~と動いてる気配がして、
「その位置は何だか気持ち悪いぞ」 てなこともしばしばです。

羊水の量、足りてるんだろうか?と心配になります。

会社を訪れる人にも、「大きくなってきたね~」と言われるようになりました。

そして、今回から健診は2週間に1度となり、赤ちゃんの様子をマメに診ていく
時期がきたんだなーと、ドキドキしています。
これからまた赤ちゃんの色んなことが分かるようになるんでしょうか?
いいことも悪いことも。
そんなことを考えながら、いつものように、内科と産科をはしごする私です。

今日は12時に会社を出て、まず診察券を通し、尿検査を済ませ、コンビニでお昼。
それからゆっくりと内科。すぐに呼ばれて診察終了。次は2週間後。
13時には産科の受付を済ませ、そこから2時間待ちです。
いつものことですが、おしりは痛いし、お腹は大きくなっているので同じ体制はしんどい。
それでも、ようやく呼ばれてエコー。

頸管長OK。羊水の量もOK。
BPD 68.09mm  AC 225.73mm  FL 49.63mm EFW 1096g
今日も顔はよく見えず・・・背中を向けてることが多いみたいです。
前回同様、女の子確定。大きさも小さ目ながらも標準値OKでした。
今のところ、異常がみられる様子もなく、順調と言えそうです。

先生に、
「このまま育ってくれたら、自然分娩になるんですか?」と聞いてみました。

すると先生は、
「高齢だし、後期になると血圧も上がってくるだろうから、帝王切開の確率が高いよ」と。

私自身、カイザー希望なことを伝えると、「んじゃ予約取りましょうか」と
日時を選んでくれました。本来の予定日は、11月11日ですが、
37週からはいつでもいいみたいなので、先生のオペ日が木曜日なので、
10月31日はどう?(38w3d)と言われましたが、
その日は、私の嫌いな人の誕生日なので、却下。
それよりも1週間早い、10月24日木曜日(37w3d)に一応決まりました。

まぁ、とはいえ先はまだまだ長いので、そこまで無事に辿り着けるよう、
私が気を付けていかんといけんのですがね。

なにはともあれ、6回目の妊婦健診も無事クリアできたってことで。
次は9月3日(30w1d)です。


 
編集[管理者用] Comment(0) 
 
Copyright © 2018 こ の 椅 子 。, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。