37歳から高度不妊治療開始、45歳で出産、その後・・・
http://konoisu.blog97.fc2.com/
admin
 

プロフィール

たみ

Author:たみ
年齢:46歳

30歳の時、両卵管閉塞が発覚し
体外受精を試みるも
精神的に撃沈して離婚。
その後、共に歩いてくれる彼と
出会い、再度体外受精に
挑戦し、8年目、45歳でやっと
授かり無事出産しました

今までの治療に関しては
カテゴリ「治療履歴」
をご覧下さい

過去の記事

リンク

Linkについて

同じ治療をされてる方ならばどなたでもご自由にどうぞ。コメントいただければ相互リンクさせていただきます。

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2013.11.18/ 19:41(Mon)
こんにちは、たみです。

このたび、無事に出産し、子供も退院して家での育児が始まりました。
ブログをどうしようか悩みましたが、きちんと分けるべきだと思いましたので
育児ブログを新しく作成しました。 こちら から。

治療記録としてずっと書いてきたこのブログはそのまま残しておきたいと思います。
治療内容は人それぞれ。人と比べることはできないと分かってはいても、
情報を求めて彷徨いました。
そんなとき、何かが引っかかってお役に立つことがあればいいなと思います。

子供が欲しい と強く願い、頑張っている方に一日も早くかわいい赤ちゃんが
やってきますように。






スポンサーサイト
 

>>>Read more

編集[管理者用] Comment(0) 
2013.11.11/ 08:29(Mon)
今日が本来の出産予定日、40w0d。
ここからが発育記録のスタートってところでしょうか。この日をゼロとして数えるんだそうで。

昨日の退院当日、私たち夫婦は12時過ぎに病院へ行きました。
15時退院予定にしていたので、帰る前に沐浴と授乳をお願いしてありました。
退院の手続き等もありますしね。

2週間いたせいか、NICUの生活にすっかり慣れたご様子。
家に帰って環境が変わると、寝なくなるかなーと心配してました。

いざ車に乗って、初チャイルドシートは泣きませんでしたが、すっかりお目覚めで、
興奮してたんだと思います。ベッドに入っても落ち着かず、直母もあまり飲まず、
睡眠時間も2時間と短くなってしまい、育児初心者の私はすごく戸惑いました。
ま、冷静に考えれば当然のことかもしれないけど。

それでも、直母を吸って眠くなり、でもミルクが足りないので冷凍母乳を哺乳瓶であげると
グビグビ100ml近く飲んでくれます。そのあとは2時間半ばかしですが、寝てくれます。
こうして、だんだんとリズムが出来ていくんでしょうか。

家に帰ってからミルクの量が70ml→100mlへと一気に増量しました。
しっかり飲んでくれるのは嬉しいけど、飲んでる最中からブリブリってうんち(笑)
直通で出てるんじゃないか?と思うくらいです。ミルクの温度が低いのかなぁ?

あと、病院で使っていたおしゃぶりですが、輸入品であまり売られてないようで困りました。
一応おしゃぶりは買ってあったんですが、どうも気に入らないようで、
口に入れても吐き出して泣いてしまいます。しまいには、お父さんの指をおしゃぶり代わりに
ちゅーちゅー 吸いだす始末。慌ててネットで購入しましたが、少し時間がかかりそうで
それまでどうしようかと悩んでいます。

6時にミルクを飲んだので、そろそろ起きるかなぁ?

 
編集[管理者用] Comment(0) 
2013.11.07/ 23:59(Thu)
あし~


出産して10日目です。修正年齢は39w3dとなります。
40w0dを出産日として子供の成長を観察していくんですね。
2週間早く産まれて、2週間NICUにいるので、家に帰れる頃にはちょうど40wくらいかも?

産まれてすぐ呼吸障害でNICUに入院になった娘は、現在もNICUにおります。
出産後6日目で一緒に退院出来なかったのは残念でしたが、
日々ものすごい勢いで成長していく娘に毎日驚かされてばかりです。

産後の体調の戻りはいい方だと思います。
子宮の収縮もとてもいいですね~ と言われ続け退院を迎えました。
カイザーの傷はまだ時々痛むことがありますが、ロキソニン飲んで乗超えてました。
10日目ともなるともう大丈夫ですが。

娘の話ばかりで恐縮ですが、
今日はおじいちゃんとおばあちゃんに窓越しですが会えました。
「今日はおじいちゃんとおばあちゃんが来てくれるよー」と話かけるとニッコリと笑ってました。
その時がくると、今まで見たこともないようなご機嫌なご様子で、こっちが笑ってしまいました。

退院はまだまだ先のようですが、ここまで順調にきてくれました。
ただやはり、直接母乳を飲み始めてから、少し呼吸が不安定でO2がね・・

みんな楽しみに待ってくれています。早く元気になぁれ。



 
編集[管理者用] Comment(0) 
2013.11.01/ 11:15(Fri)
今日も表はいい天気です。
南向きの窓から照りつけていた、眩しいなーと思っていた太陽の光も心地いい暖かさです。

出産後4日目です。まだ4日?もう4日?って感じです。
娘はまだNICUにいます。昨日から、マスクを一日数回に分けて1時間ずつ外し、
外気の中できちんと呼吸が出来るかどうか練習中です。
今のところ問題なく上手に出来ているようです。
安定していれば、これから徐々に外す時間を長くしていきます。
完全にマスクが外れるまではもう少し時間がかかりそうです。まだ第1段階だもの。

それから、ビリルビン数値の上昇に伴い、光線療法も始まりました。
数値としては、1日目 4.8 2日目 9.6 3日目 13.8 と上昇したので、
早めの対処として緑の光線を浴びてビレルビン消滅大作戦実行中です。
生理的なものとして、すぐに数値が下がってくれると嬉しいのですが、
不規則抗体があると出やすい なんて言われた日にゃ、つらかったです。
スタッフの方からは、心配ない数値ですから と言われました。
毎日採血してこまめにチェックしていただいているので、
もし不測の事態でも早く対処してもらえるので安心です。
 
心配事ばかりでもありません。
日が経つにつれて、むくんでいた顔も少しすっきりしてきました。
3110gあった体重も2766gまで減って落ち着いています。
ミルクも徐々に増えて20mlになりました。私が持って行ったたった1mlの母乳も
ちゃんと混ぜてもらって与えてくれました。

それから手の甲に着けていた点滴が取れました。ちょっと漏れて出血していたところ、
先生の指示で外していいことになりました。
小さい手が内出血で色が変わり、痛々しさも少し残っていますが、
その分、好きに動かすことが出来るようになったので、暴れ気味(笑)
あまりの寝相の悪さにスタッフさんも苦笑いで、主人も「お母さんに似てる」 と呆れ顔です。

それと、光線療法はおむつ1枚なので、面会に行ったときは常に裸ん坊。
直に肌に触れて、私としては嬉しい限りです。すべすべ~~~
昨日は初めてマスクを取った時間に遭遇し、目も開けてくれて初顔合わせでした。
私の呼びかけに、「誰だぁ?」 とけげんな顔のようにも見えましたが、
スタッフさんに、「お母さんの声はちゃんと分かるから」 とフォローされちゃってw
写真も撮ったので、主人に送りました。初めて目を開けてる写真でした。

私が病院にいられるのもあと2日。日曜日の午後には一足先に退院します。
家に帰れば、ここにいるときのように頻繁には会えなくなるなるので寂しくて、
だからあと2日でしっかり搾乳を覚えて、毎日お乳を飲ませてあげられるようにならなくちゃ。


 
編集[管理者用] Comment(0) 
2013.10.31/ 04:18(Thu)
カテゴリを移動しようか、新しいブログを立ち上げようか考えました。
が、子供はまだ安定はしているものの、NICUで治療中ですし、私もまだ退院してませんので、
自宅に帰るまでの経過は、このままここで書かせていただこうと思います。

まずは、私のこと。
背中に入っていたカテーテルから入っていた痛み止めの麻酔薬が切れた途端、
後腹ではなく、OPの傷が痛んでまともに起き上がることもままならなくなりました。
痛み止めとして、ロキソニン錠剤が出ていますが、これも6時間おきでないと飲めず、
点滴台を杖代わりにして、お腹を抱えそろそろと歩いております。

同じフロアにあるとはいえ、私がいる病室からNICUは一番遠い場所にあり、
ヨボヨボしながら毎日数回通って、子供の顔を見て話しかけてます。
ほぼ寝てるので、本人にしてみれば、静かに寝かせろや!って怒ってるかもしれませんが(笑)

母乳マッサージも1日6回を目指すように指導されていますが、なかなかどうして4回が限度。
昨日、ようやく右が1つだけ開通し、綿棒に吸い取ってもらって
子供になめさせてやることが出来ました。助産師さんが持って行ってくれました。

さっき、この記事を書く前に自分でマッサージしてたら、右から少し出てくれたので
また綿棒で吸わせて冷蔵庫に保存しました。子供用滅菌綿棒なので細い先に
すこーしだけなんですが、それでも赤ちゃんの口に入れてなめさせることでOKなんだそうです。
早くもっとたくさん持って行ってやりたいので、もっとマッサージしないと。

時間の割り振りが下手ですね、私。食事のあとについ寝てしまったりして・・・
でもって、夜中は必ず30分おきくらいに目が覚めてしまい、PCつついてたり。
母親としてやるべきことをやらなければいけませんね。

子供はというと、
未だ呼吸器は外れていませんが、補助している酸素濃度が少しずつ減っていて、
徐々に肺の機能が普通の状態に近づいているのかなぁ?と思います。
このまま少しずつでも順調にいってくれれば、そんなに遠くない日に呼吸器も取れて、
自分の力で乳を飲んでくれる日がくるのでしょう。
焦ってはいけない、と自分に言い聞かせて、あふれ出そうな感情をぐっと抑えています。

大丈夫、こういう思いを何度も繰り返しながらここまで来たんです。
これから先の方が長いんだもの、ここで泣いてちゃ話にならない。
この子の生命力を強く信じて、笑顔で名前を呼ぼう。強く頼れる母でいよう。

そう思っています。



 
編集[管理者用] Comment(2) 
 
Copyright © 2018 こ の 椅 子 。, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。