37歳から高度不妊治療開始、45歳で出産、その後・・・
http://konoisu.blog97.fc2.com/
admin
 

プロフィール

たみ

Author:たみ
年齢:46歳

30歳の時、両卵管閉塞が発覚し
体外受精を試みるも
精神的に撃沈して離婚。
その後、共に歩いてくれる彼と
出会い、再度体外受精に
挑戦し、8年目、45歳でやっと
授かり無事出産しました

今までの治療に関しては
カテゴリ「治療履歴」
をご覧下さい

過去の記事

リンク

Linkについて

同じ治療をされてる方ならばどなたでもご自由にどうぞ。コメントいただければ相互リンクさせていただきます。

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2015.10.05/ 02:48(Mon)
入院から17日、土曜日に無事退院いたしました。

残っていたドレーン2本が抜けたのは術後13日目。
まだ一日90㏄近く出ていましたが、主治医は「感染の方が怖い」と抜きました。
形成の先生が気にしていた部分の貯留は、エコーで確認するも見当たらず、
そのうち落ち着いてくるだろうとのこと。

全体を圧迫していたサポーター地のチューブトップも外され、
現在は乳がん用ブラを着けています。前開きってだけのような気がする。

退院前日になって発熱しました。
夕方から寒気がして38度を超える熱でしたが、痛み止めを飲んで様子見となりました。
翌朝は熱も下がっていたので、無事退院の運びとなりましたが、未だに痛み止めは飲んでいます。

土曜日、日曜日にかけて微熱は続いており、夜になると38度くらいまで上がるのですが、
赤身もなく、熱もさほどもっていないようなので、痛み止めで解熱対応しています。

というか、娘がずっと鼻かぜをひいており、夜は私と同じように熱が上がるので、
寝ずの番になっています。

家の中ではまだ、思うように動けずにいるので洗い物さえままならず、食事の支度もできません。
義母もさすがに疲れを出しているようなので、主人と相談して夕食材料をとることにしました。
義父も抗がん剤の副作用で、体がだるく調子が悪いと段々と動かなくなってきており、
義母も義父の食事と、私たちの食事となると気も使うでしょう。
こっちもいつまでも上げ膳据え膳ってわけにもいかないしね。

今週の金曜日に、乳腺外科の外来予約が入っていて、そこで病理検査の結果を
聞くようになると思われます。
抗がん剤治療があるかないか、そこが私にとって超えるべき壁のようですが、
これから先20年生きるための選択をするようになると思います。


スポンサーサイト
 
編集[管理者用] Comment(0) 
2015.09.28/ 09:37(Mon)
おはようございます。
手術から9日が経過しました。
3本入っていたドレーンは1本抜けて、少し身軽になりました。
あと2本はもう少しかかるかなぁ。
予定では2週間の入院なので、きっちり出所させられると思いますが、
今日から始まるリハビリは退院後も続くでしょう。自宅でも出来るからないかも?!

シルバーウイーク中も明けの週末も旦那様が娘を連れて通ってくれました。
もう9月も終わるんだなー 早く退院して娘と一緒にいたいわ。
10月からは保育所だけど・・・。

とか言ってるときに、保育所から電話がありました。
「今日おばあちゃんが送りにきたときに、「不幸があったので明日預かってもらえないか?」
と言われたんですが、月5日と決まっているので、もし明日お預かりするなら
明後日予定されている一時保育は出来なくなりますがどうしますか?」

不幸があったのも聞いてないのでとりあえずおばあちゃんに電話すると、事情が判明。
なので一時保育ではなく、病院へ連れてきてもらい、ここでみることにしました。
とはいえ、私だけではどうしようもないので、母に来てもらっての対応することに。
一時保育は基本、保育所の行事が優先されており、29日がNGだったのは確か何かあったような・・・

土曜日まで娘と会えないと思っていたので、思いがけないサプライズになったんですけどね。
葬儀が終わっておじいちゃんがお迎えにきてくれるまで、いい子で遊んでくれるといいんですけどねぇ。
ま、なんとかなるかなと思っています。
十五夜だったのかぁ・・・前日までは覚えてたのに忘れちゃった。ここからでも見えたのかなぁ。
 
編集[管理者用] Comment(0) 
2015.09.24/ 00:04(Thu)
明日から雨なんですねぇ。
9月のシルバーウイークなるものが終わり、明日から仕事だ~って人もいる中、
有給使います~って来週までお休みの人もいるのね、きっと。

予定通り、手術は終わっております。
入院の当日、センチネルリンパ節の位置の特定のための注射(めちゃくちゃ痛い)を打ち、
翌日レントゲンにて位置確認。午後1時から予定通りOPになりました。
全身麻酔下での手術ですので、当然のことながら意識はなく・・・・
目が覚めたのは手術が終わった直後でした。
主治医はいませんでしたが、助手の先生がそばにいたので、
「センチネルは?」と聞くと、
「センチネルリンパ節には転移は見られなかったので、温存処置ですよ」
と教えてくれました。
正直ほっとしました。

ベッドへ移されて、自室に戻ってからは腰の痛みと戦っておりました。
硬いベッドは苦手なのよ・・・予定されていた手術時間は4時間でしたが、
部屋に戻ったのは午後7時。2時間オーバーでした。
乳房切除はきっちり2時間だったらしいですけどね。
乳房再建のためのティッシュエキスパンダーを入れる作業が難航したようですね。
なにに時間がかかったんだろう・・・・?

乳管の中に広がるガン細胞は、乳房ごと切り取ったことで取りきれたとの結果です。
あとは、病理検査の結果が3週間後。これで今後の治療方針が決まります。
化学療法になるか、ホルモン療法になるか、はたまた何もないか・・・・

現在は、術後から入っているドレーンが3本。日に日に色が薄くはなっていますが、
まだまだ量が減らないので、最長2週間入れておかなければいけないかもしれないわ。
リハビリも臂から先しか出来ない状態なので、キーボードを打つのはリハビリ?!

連休中、毎日遊びにきれくれた娘も週末まではこない。旦那もね。
土曜日までボケボケしよーっと。
 
編集[管理者用] Comment(0) 
2015.09.17/ 19:17(Thu)
9月も半ばになると朝晩が涼しくなってきましたね。
エアコンを使うこともなく、窓を開けて寝ることもありますが、朝まで開いてると風邪ひきます。
さて、告知から1か月がたち、予定通りに入院、手術を迎えました。
主人に連れてきてもらい、実母も付き添う中、無事個室に入りました。
PC持ち込んだけど、なんだか向かう気になれず・・・・
デザリングだし(笑)
お昼寝中にこっそりと出かけてきたので、起きてから泣いてないか心配。
でも、さきほど飛んできた写真は、ご飯を食べて遊んでいる娘。
泣いてない(;・∀・)  大丈夫そうだな・・・さすがおばあちゃん。
義姉も仕事から早く帰ってきてくれて、娘の相手をしてくれてるみたいだし、
頼れるのはやはり家族か・・・
私は明日、麻酔で寝てるとはいえしっかりと生きて戻ってこなければならない。
それだけよね。
娘よ、がんばれ。お母さんも頑張るよ。
 
編集[管理者用] Comment(0) 
2015.08.24/ 18:44(Mon)
今朝は何だか涼しかったような・・・台風のせいでしょうか。

先週の木曜日、MRIとCT、血液検査を受けてきました。

結果は、ステージⅡa、NG1、ホルモン受容体共に100%、HER2はゼロ。
エコーで5mmだった影は、MRI造影で、乳管の中に広がる3.5センチの
もやもやした画像になっていました。乳管内進展と言われるものらしく、
これ自体は転移ではなく、乳管内に広がっているものだそうです。
CTによるリンパ、及び他臓器への転移は今のところ見られず。

で、この状態だと左乳房切除、つまり全摘となりました。
術中のセンチネルリンパ節生検の結果で、腋窩リンパ節切除もありうる状態。
現時点での組織診の結果です。

OPは予定通り来月18日。先生の都合で直近がその日なんですよ。
1ヶ月も放置して大丈夫なのかしら?って思います。

ま、先生は大丈夫だって言いますが。

気持ちはよくないですよねぇ。。身体の中に悪いものがあれば
一日も早く取り出してほしいと思いますから。

セカンドオピニオンも考えましたが、それは辞めました。
代わりに、最初しこりを見つけてくれた先生に画像の診断をお願いするつもりです。

医者の世界は一般人には分からないので、この件に関しては
かかりつけ医の先生に相談しました。もちろん、その先生にも画像診断してほしいのですが、
先生曰く、MRIやCTが放射線科の医師が画像を見て、転移がないかどうかを
調べて結果を出しているから、大丈夫だと思うよ。
主治医ももちろん診ているけどね。
画像を一日中診てスキルアップしていくんだから、ちゃんとしてると思うけど、
安心材料としてなら、前の先生に診てもらえばいいと思うよ。

と、アドバイスを頂戴しました。

少し気持ちが軽くなりました。



 
編集[管理者用] Comment(0) 
 
Copyright © 2018 こ の 椅 子 。, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。