37歳から高度不妊治療開始、45歳で出産、その後・・・
http://konoisu.blog97.fc2.com/
admin
 

プロフィール

たみ

Author:たみ
年齢:46歳

30歳の時、両卵管閉塞が発覚し
体外受精を試みるも
精神的に撃沈して離婚。
その後、共に歩いてくれる彼と
出会い、再度体外受精に
挑戦し、8年目、45歳でやっと
授かり無事出産しました

今までの治療に関しては
カテゴリ「治療履歴」
をご覧下さい

過去の記事

リンク

Linkについて

同じ治療をされてる方ならばどなたでもご自由にどうぞ。コメントいただければ相互リンクさせていただきます。

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2007.03.26/ 17:14(Mon)

日曜日 彼から返事をもらいました。

「一緒に頑張らせて下さい」

そう言ってもらいました。

嬉しかったです。

だから、今はとにかく、治療を始められることを願って、基礎体温を測っています。

よかったのか、悪かったのかを今考えると、私の中ではマイナスな答えしか出てきそうにない。

だから、今は考えたくない。

もし、失敗したら? 考えても何も動かない。もう言い訳もしたくない。

まっすぐに、隣にいてくれる彼の手を握ってまっすぐに。

この人を信じてみる。

そう、決めました。

スポンサーサイト
 
Category: 思ふ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2007.03.22/ 16:32(Thu)

休みの日 一人で部屋にいた
掃除をして やることがなくなった
お昼過ぎになって 少し眠くなった


私は病院にいた  彼ではない別の男性と 先生の前で 話をしていた
男性が一生懸命 先生に訴えていた

「こいつに子供を産ませてやって下さい お金のかかることでも何でも
とにかく 産ませてやってほしいんだ」

私は何故その男性がそんなことを言うのか 判らなかったけれど
その言葉が嬉しくて 泣いていた

不思議な夢は 相手を変えて 3度同じ内容が続いた

男性は違うけれど 先生の前で同じことを訴えていた
そしてその横で 嬉し泣きしている私


一度目が覚めた

時計を見て もう一度眠りにおちた


私は彼と病院の前にいた
彼はいつものように飄々とした表情で 私とともに病院へ入っていった
受付で名前を呼ばれて 先生のいる部屋へ入った

私は先生に 必死に訴えていた

「先生 私 この人の子供が欲しいんです!でないと結婚できないんです!」

「子供ができないと結婚しないと?そうなんですか?」 と先生は彼に尋ねた

彼は黙っていた そして頷いた

先生は彼に言った

「あなたは彼女の体を何だと思っているんですか?

あなたは彼女を想っているわけではないのですか?

出来なかったら 別れるのですか?

それなら 彼女を傷つけるだけですよ 治療なんてやめなさい 」



目が覚めた

夢でよかった と思った反面

これが現実なのか と泣けてきた



私は彼のことを信じていない・・・


 

 
Category: 思ふ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2007.03.22/ 10:22(Thu)

今の私には、5年付き合っている彼氏がいます。

同級生で、幼い頃の生活環境が似ていて、少し考え方も似ていて、一緒にいて楽しくて
今までダラダラと付き合ってきたように思います。

5年も付き合っていれば、いろいろあるように思いますが、二人にはさしてモメるような要因はなく、
ケンカといっても、私が一方的にスネているだけで、相手は私がどうして怒っているのかさえ
判らないといった、ケンカにもなっていないものばかりです。

それでも、2回ほど別れ話が浮上しました。 理由はいつも同じです。
私たちは先へ進もうとすると、別れ話になるのです。

彼は親や周りの人たちに、「そろそろ結婚しないとね」と言われ続けています。
30代後半・・・それはそうです。
彼女はいます。普通なら結婚話になるでしょう。
ですが、その話が出るたびに、別れ話になるのです。

彼は、私との結婚には踏み切れないようです。でも、別れることもできない。
踏み切れない理由は、子供が出来ないこと。
親からは、早く孫を抱きたい!と急かされているようです。
現実はそういうわけにもいかない。親のことを考えたら、ほかの道を選ぶべきなのか?
そう考えているのでしょう。だから、悩む。

彼がもっと強い人であったなら、とっくに結婚しているか、別れているか。


先々週の日曜日、同じ話をもちかけてみました。
6年目になるのに、何もしない二人に結果を出したい。
彼に答えを出してほしいと思いました。



 

>>>Read more

Category: 思ふ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2007.03.21/ 00:46(Wed)

嘘をつかれるのは嫌い。

「明日の休みは逢えないよ」 と言われた。
「どうして?」

「会社の人の家に行くんだ。パソコンの設定に」


それは本当なの? あなたは嘘つきじゃない?

そんな疑いが私の中に渦巻く。

どうしてそう思うの? 根拠もないのに。

今まで、嘘つかれたことなんかないのに。

そうやって、自分で自分を追い詰めてしまう。

そう思ってるから、だんだん笑えなくなっていく。

 
Category: 思ふ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2007.03.19/ 15:45(Mon)

初めに告白します。


私は子供が産めません。



8年前、私は結婚しました。相手は長男でしたので、同居しました。
子供もすぐに出来ると信じていました。とても楽しみに。


心当たりがなかったわけではありませんでした。
出来にくいのだろうと、勝手に思い込んでいました。


そして、旦那にも言わず、風邪をひいたついでに病院へ行って検査を受けました。
子供を作れる身体かどうかの。


造影剤検査をしました。レントゲンに写ったのは、子宮の形と、細い線しかない卵管でした。


検査の時、造影剤を注入の勢いがありすぎたのか、私は腹膜炎を起こし
そのまま入院しました。
その日の晩、病室は妊婦さんとの二人部屋で、私は胃の痛みで唸りました。


そして、その時初めて、「子供」が手の届かないところへいってしまいました。
私は、このまま死んでしまいたいと思いました。
多分、あれからずっと、そう思っているのです。


 


 

 
Category: 思ふ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2007 こ の 椅 子 。, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。