37歳から高度不妊治療開始、45歳で出産、その後・・・
http://konoisu.blog97.fc2.com/
admin
 

プロフィール

たみ

Author:たみ
年齢:46歳

30歳の時、両卵管閉塞が発覚し
体外受精を試みるも
精神的に撃沈して離婚。
その後、共に歩いてくれる彼と
出会い、再度体外受精に
挑戦し、8年目、45歳でやっと
授かり無事出産しました

今までの治療に関しては
カテゴリ「治療履歴」
をご覧下さい

過去の記事

リンク

Linkについて

同じ治療をされてる方ならばどなたでもご自由にどうぞ。コメントいただければ相互リンクさせていただきます。

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2010.05.25/ 14:17(Tue)
相変わらず、体温計り忘れ・・・ というか、確信犯。


クリニックに行かなくなって、はや3週間が過ぎました。

あ~のんびりって気分と、これでいいんか?って複雑な感情がぐるぐると。

今のところ、先生も、「用はないぜ」って言うかもしれませんね(笑)


んが、ちょっと気になることが。

3日ほど前から、子宮はしゅくしゅく痛いんです。おりものも透明なものに

ふるーい血液が混じったようなものが、おりものシートに少しあります。

子宮の痛みは、「ここに子宮がありますよ~」と存在感をあらわにした感じ。

こんなにはっきりと子宮が収縮している感覚は、生まれて初めてです。

生理中でもわからんで。

最初は、腸が動いているのかしら?とも思ったんですが、そうではない様子。

私の身体の中で、何か悪いことが起きてるんじゃないか?と気になってきました。

病院行った方がええかなぁ?と思案中です。

カバサールが30日でなくなるので、その時がいいのか、はたまた早めに行くのがいいのか。

クリニックって間を空けると、ちょっと行きづらくなったりしません?

身体が順調に回復しているならば、今月末から来月アタマにかけて、リセットするはず。

年齢的には、女性ホルモンより男性ホルモンが増えて、性欲も増すとか。

なーんか悪い予感がします。


ネガティブな考えは、自分を悪い方向に向けてしまうので、あまり考えたくないのよね。

私はまだ ハタチ~ とかって思ってる方がいいのよね♪ (・∀・)

スポンサーサイト
 
Genre: 結婚・家庭生活 Theme: 不妊治療 Category: 休憩
編集[管理者用] Comment(0) 
2010.05.18/ 11:54(Tue)
(´∇`)ファァーイ 春らしい陽気が続いてますね。

流産してから、基礎体温を真面目に測っていません。 ホントはこの時期が大切だったり?

子宮収縮剤1週間飲み切りました。出血はほとんどなく、というか、

ベージュのおりものみたいなのが、4日ほどおりものシートを汚しただけに留まりました。

出血といえるものは、術後3日くらいだったかもな~。


体調もバッチリ回復して、採卵前に戻りました。気分もすっかりフツーの人です(笑)

治療を離れると、重たいものがなくなったような気になりません?

当たり前が戻ってきた~!みたいなw

なので、休みになると車でどこかへ出かけています。気分転換と称して。

いつまで気分転換するつもりやねん!と誰かに言われそうな気もしてますけど、

ふと我に返るとやはり治療のことは頭のどこかに、ずーんとあるわけで。

夜一人でぼぉーっとしていると、その ずーんとしたエリアが雨雲のように広がってくるわけで。

で、まぁ、週末は出かけたりするわけですね(笑)  言い訳だな~


もう5月も半分終わりました。市役所から市県民税のお知らせが届く時期。

しっかり確定申告した後の税金の額は、ちょっぴり楽しみ♪ 

医療費の申請も自分の名前でやるので、彼には申し訳ないわ・・・

本当なら、彼の税金も少しは違うかもしれないのにね。

給料明細を見るたびに、あーあ、介護保険料かぁ・・・って思うw

健康保険の税率も上がって、給料は1円たりとも増えないのに、引かれる額だけは上がる。

仕事辞めたいけど、辞められないし・・・明日からの生活に困っちゃうし。

けど、採卵の為の刺激が始まって、判定までの1ヶ月間だけでも休みたいっ!って思うわ。


そろそろ雨が降り始めるかな? 天気予報が当たればの話だけど。

 
Genre: 結婚・家庭生活 Theme: 不妊治療 Category: 休憩
編集[管理者用] Comment(2) 
2010.05.13/ 15:07(Thu)
本日の体温、36.31。


術後約2週間になりました。子宮収縮剤を飲んでいるので、出血とはいえないような

おりものに血が混じっているというか、なんというか、おりもの自体にねばりがあるのか、

糸を引くようなものが、すこーしだけ続いています。おりものシートで十分。

完全に止まるのはいつになるんだろう?生理痛のような痛みもまったくないので

気にはなりませんが、油断は出来ないのがめんどい。


3月の初めから2ヶ月間、頻繁にクリニックへ通っていたので、

次の生理が来たら・・・って、1ヶ月か、1ヵ月半先になると思うと、気が抜けました。

今までも、こんな気分を繰り返してきたんだよなーって(笑)

年末のOPでご一緒し、メールするようになったクリニック友達が、

長いタイミング生活から脱出し、体外受精に挑戦することにしたらしいです。

先日メールでご報告いただいたので、「私に判ることなら聞いて下さい」と返事しましたら、

早速質問が来ました。


Q:「5月の終わり頃に生理がきたら、最短でも7月の採卵になります。って先生に言われました。

 暑い時期に注射とかつらいですか?」

A:「毎年、夏になると激痩せするとか、ひどい夏ばてになって食事が取れなくなるとか、

 あまりにも通常と違う状態になるならば、考えた方がいいかもしれませんね」

Q:「少し夏バテはするので、体力が低下したりしたら、着床しにくいってことはないですか?」

A:「着床に関しては、卵の問題と子宮の状態によるので、時期はさほど関係ないと思いますが、

 それよりも、判って欲しいのは、卵巣刺激をすれば必ず良い卵が採れるという保証はないですし、

 採れたとしても、それが必ず受精してくれる保証もないんです。

 初めての体外なので判らないことばかりでしょうけど、この治療は一歩ずつしか進めないので、

 まずは、身体の状態と気持ちを整理して、やろう!と思った時にするのがいいと思いますよ」


なんか、冷たい?この答え・・・。

彼女はまだ30歳と若いので、すぐに出来そうな気もするんだけどな。

けど、若ければ絶対!なんてない治療ですからねぇ。 私よりも確立は高いですよ♪

もしも、最初の一段階で躓いたりしたら、その時のショックは大きいと思うしなぁ。

頑張れ!頑張れ!って言うのは簡単だけど、頑張りたくても頑張れない領域ってあるし。

現実を知ることから始まったような気がするな、私の場合。

メンタルをかなり鍛えられる試練ですよね、不妊治療って。

自然に子供を授からないことは、女性として不幸だと思うけれど、

やってよかったと思います、不妊治療。 これって、開き直り?(笑)





 
Genre: 結婚・家庭生活 Theme: 不妊治療 Category: 休憩
編集[管理者用] Comment(2) 
2010.05.10/ 19:29(Mon)
本日の体温、36.49。


徐々に基礎体温も下がってきたようです。連休中はサボっていたので、推移が判らない(笑)

今日は術後1週間目の診察と、手術代金を支払いに行って来ました。

朝からずっと降り続いてる雨にどんよりしながら、仕事をこなし、

定時になったら速攻で、クリニックへ。


まずは内診。先生2秒で終了!いつもにも増して早いです。

エコーの結果、もう少しだけ塊があるので、子宮収縮剤を1週間飲みきり。

ユベラとシナール、カバサールは再開。

6月に生理が来たら、14日目に受診。人によっては、1ヶ月半かかる人や、1ヶ月飛んじゃう人も

いるので、もしも6月中に生理にならなかったら、7月になってから受診して下さい。

生理が来るが早いか、カバサールがなくなるが早いかですね。

出血が完全に治まったら、仲良しもOKだそうです。

凍結卵についても、今回戻した卵よりは小さいけれど、グレードはいいものがあるので、

2回目の生理で、ホルモン補充始めていきましょう とのことでした。

それまでに、ダイエットと体力つくりに頑張るのだー!! 心意気だけはかってください♪


 
Genre: 結婚・家庭生活 Theme: 不妊治療 Category: 休憩
編集[管理者用] Comment(0) 
2010.05.05/ 23:48(Wed)
まとめ 


GWも終わってしまいましたね。

手術から4日経ちました。体温はまだまだ36度後半から37度台をキープしており、

身体はだるい感じが抜けません。

手術当日は、麻酔が抜けるまで気持ちが悪かったり、頭痛がしたりしました。

2日目は、10時に診察がありました。内診の結果は良好。

痛みもなく、出血も昼用のナプキンで1日2回交換すればいいほどの量でした。

実際には気持ちが悪いので、トイレのたびに交換してましたけど。

先生との話で、カバサールは再開、ユベラ、シナールのビタミン剤に加え、

普段から飲んでいる葉酸も再開してもらうことになりました。

日曜日なので、薬は出されませんでしたが、次回月曜日の診察日に処方してもらうことに。

3日目になって、朝から寒気があって、38度超えの発熱。

原因が疲れが出たのか、はたまた感染によるものなのか判断がつかず、一日様子見。

夜になっても熱が下がらず、クリニックに電話しようか悩んだんですが、結局せずに寝ました。

4日目の朝、37度まで下がっていたので、また熱が上がれば連絡してみようと決めて様子見。

彼の家のお墓参りだけ済ませておきたくて出かけましたが、子宮が収縮するせいか、

お腹と腰が重く痛くて、すぐに帰宅してゆっくりしました。

連休最後の5日目、明日から仕事ということもあって、家から一歩も出ることもなく、

今年のGWはこうして終わってしまいました。


休みの後半、生理痛のような痛み+頭痛がひどく・・・けど、頭痛薬を飲んでいいのか

判らなかったので、我慢してました。

ですが、どうにも我慢できず、クリニックに電話し、頭痛薬を飲んでいいのか聞きました。

返事は、常用しているものはOKです。 よかった~と早速飲みました。

すぐに効かなかったんですが、2時間くらいしてよくやく頭痛から開放され、ほっとしました。


明日から仕事が始まるんですが、正直もう少し休みたい気もしています。

けど、そうもいかないのが現実・・・つらいとこですね。

あー、仕事辞めたいです。





 
編集[管理者用] Comment(0) 
2010.05.01/ 23:15(Sat)
本日の体温、36.94。


5月の始め、ゴールデンウィーク真っ只中に、こんな日を迎えるなんて思ってもなかった。

朝いつものようにアラームで目覚めて、いつものように1日を始め、

会社へ行く時間よりも少しだけ遅い時間に家を出ました。

GW谷間の土曜日なので、すごく多いのかも?と思いながら受付を済ませ、

待合で待つこと5分、朝食抜きだったので、テレビに映るおいしそうな料理がうらめしい。

内診室に呼ばれ、エコー。


「変わってないようですね。予定通り処置しましょう。では、子宮口を広げるために

 スポンジのようなものを入れます、違和感がありますがすぐに慣れますからね。」

この処置が結構痛くて、大きい呼吸をしながら我慢、我慢。

そして、2階へ呼ばれて、採卵や移植で入りなれてるいつもの静養室で待機。


土曜日は午前中だけの外来だけど、今日は多いかもしれないよね、

先生が診察終えて上がってくるのって、13時過ぎるんじゃないかなぁ?


そんなことを彼と話をして、夕食の買い物やネコの餌などの買出しをお願いし、

一旦、帰ってもらいました。

珍しく、採卵も戻しも予定がなく、静養室には私だけです。

術前の点滴が始まるまで退屈なので、持参したDSで謎解き(笑)

すると、11時すぎに看護師さんが点滴を持って現れました。

「今日は外来が思ったよりも少なかったので、先生がもうすぐ上がってくるからね。」

あらま、想定外! 彼に「早くなりそうだから、ご飯食べてから来てくれても大丈夫よ。」

とメールしました。

麻酔がよく効くようにと、腕に筋肉注射を打たれ、点滴開始。

すぐにオペ室に入り、麻酔導入開始したところへ先生登場。

少し朦朧としながら、先生とお話。


先生:「少しぼーっとしてきましたか?」

たみ:「はい」

先生:「処置は5分くらいで終わりますから」

たみ:「5分ですか?全体的にかき出すってことじゃないんですか?」

先生:「胎嚢はきちんと出しますが、全体的にはしません。あとは自然に任せるように

    しようと思っています。あまりガリガリやると内膜が厚くなりにくくなったりしますから」

たみ:「じゃ、術後の出血が多いかもしれないってことですか?」

先生:「1週間くらいは出血があると思います」

たみ:「生理はどのくらいでくるんでしょうか?」

先生:「そうですね、1ヶ月くらいで来る人もいますが、もう少しかかるかもしれません。

    ホルモン値が下がってくるのを確認しながら様子を診ていきますから」

たみ:「判りました。宜しくお願いします」


会話のあと、意識はなくなりました。

なんとなくガチャガチャしていた音と、あとは下着を履かせてもらっている感覚だけ覚えています。

2時間くらいオペ台の上で寝ていたでしょうか、麻酔が覚めてきて意識が戻ってきました。

ちょうど点滴がなくなった時に看護師さんが気がついてくれて、

「動けそう?歩けそうなら隣の部屋に戻りましょうか」と言われ、少しふらつきながら

部屋に戻って、彼に電話しました。 「ジュース買ってきてー」

15分くらいで、彼が戻ってきてくれました。麻酔も徐々に覚めてきて、意識もはっきりしてきたので、

看護師さんに帰ってもいいか聞いてみました。

「大丈夫そうなら帰っても大丈夫ですよ、今日と明日は安静にして下さいね。

出血の量が多くなったり、痛みがひどくなったりしたら電話して下さいね」

と許可をもらい、家に帰りました。


処方された薬は、ケフラール250、マーズレンS MA-S0.5g、パルタンM0.125g、ダーゼン10mg。

抗生剤、胃薬、子宮収縮剤止血剤、炎症止めでした。

抗生剤は3日分、そのほかは5日分処方されました。

明日、もう一度診察があり、1週間後もう一度診察があります。


自宅に戻ってから、横になってはいません。あまり動かないようにはしていましたが、

ソファでゴロゴロしてました。キッチンにも少し立ちました。

痛みはほとんどありません。夜に少しだけ胃と肝臓がズキンと痛みましたけど、

それ以外は特にありません。出血量も生理2日目よりは少な目です。


明日も診察がありますが、それ以外は自宅でゆっくりしていようと思います。

GW後半は、天気もいいし、お互いの家のお墓参りに行こうと思っています。

強い信仰心は持ってない私ですが、おばあちゃんっ子だった私は、

少しだけご先祖様に力をかしてもらいたいと思っています。(勝手ですよねw)

彼のおじいさん、おばあさんの力も少し分けていただこうかと。


私たちは、次に向かって一歩ずつ・・・です。




 
編集[管理者用] Comment(0) 
 
Copyright © 2010 こ の 椅 子 。, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。