37歳から高度不妊治療開始、45歳で出産、その後・・・
http://konoisu.blog97.fc2.com/
admin
 

プロフィール

たみ

Author:たみ
年齢:46歳

30歳の時、両卵管閉塞が発覚し
体外受精を試みるも
精神的に撃沈して離婚。
その後、共に歩いてくれる彼と
出会い、再度体外受精に
挑戦し、8年目、45歳でやっと
授かり無事出産しました

今までの治療に関しては
カテゴリ「治療履歴」
をご覧下さい

過去の記事

リンク

Linkについて

同じ治療をされてる方ならばどなたでもご自由にどうぞ。コメントいただければ相互リンクさせていただきます。

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2011.11.22/ 00:17(Tue)
本日の体温、36.36。

今回のわけのわからないタイミングでのリセットから6日間、しっかりと出血があり、
とりあえず終わるまで待っていたら、週が明けてしまいました。

終わったら、卵巣チェックして本格的な休憩期間となります。
が、気分はすっかり休憩中なので、昨日もめちゃくちゃ寒い中、
彼の車をつついていたので、あっさりと風邪をひいてしまい・・・
マスクをつけてクリニックへ行ってきました。

内診の結果は、卵巣には採卵の影響は残っておらず、
ついでに9日目だけど、卵胞も見えず(笑)

先生のご意見は、

・今回は排卵が起こらないかもしれない
・起こったとしても、かなり遅れるかもしれないので、基礎体温でチェック
・25日過ぎても体温が上がらない時は、薬を使って調整
・体温が上がり通常にリセットできたら、5日目までに受診
・AHMを再測定(前回は今年の1月)

と、お話をして帰ってきました。

43歳と高齢にしては、まだやる気あるの?的な空気も少々感じるところありますが、
こないだの採卵で終了!なんてあまりにも情けなさ過ぎるので、もう一度挑戦します。

普段、基礎体温なんて測りもしないのに、今週期は朝起きたら体温計を咥えてる。
たまに忘れることもあるけど・・・w
変な周期で、そうした方がいいような気がしてたから、これが役に立つとはラッキー♪

早寝早起きを心がけて、とにかく風邪を治そう。
スポンサーサイト
 
Genre: 結婚・家庭生活 Theme: 不妊治療 Category: 休憩
編集[管理者用] Comment(0) 
2011.11.18/ 15:37(Fri)
本日の体温、36.28。

おお!キタね!やっと。って感じの出血量は昨日までの出来事。
今日になってようやく、終わるのかな?的な感じ。

あのまま続いたらどうしようかと思ったぁ~ ( ´ー`)フゥー...


43年間の人生で初の、21日リセット。
治療をしているからだろう・・・と信じて、気持ちを落ち着かせているけど、
実はものすごく動揺しました。
普段より、10日も早いなんて、ついつい悪い方向に考えてしまいました。

で、どうしてだか、何となく採卵前からずっと胸が固いというか、痛いというか、
とっても変な感じが続いています。
乳首がものすごく痛かったり、胸全体が張ったり、しぼんだりって感じで、
他の病気でもあるのかしら?と疑いたくなります。
これが、ホルモンバランスの仕業だとすると、相当崩れて弱ってることになる。

そうそう、命の母Aを飲み始めました。
1回4錠毎食後と書いてありますが、とりあえず半分の量から初めてみました。
約2週間分で、660円は意外とリーズナブルなお値段。 さすが、小林製薬♪
効いてるかどうかなんて、まったく判りませんけど(笑)

気は心と申しますし・・・なくなるまでは飲み続けてみようと思います。

明日はお休みだけど雨の予報。
ここ3年ほど、ボジョレーの時期が治療と重なり、ワインからも遠のいていたので、
今年は張り切って飲み上げてみようかな♪

やることはあるけど、後回し~~ 
 
Genre: 結婚・家庭生活 Theme: 不妊治療 Category: 休憩
編集[管理者用] Comment(0) 
2011.11.15/ 14:55(Tue)
昨夜は、ソファで気を失ってしまったので、体温計らず。

寒くなってきたせいなのか、更年期のせいなのか、はたまた治療の副産物か、
非常に、体調と気分が悪い。

というか、
採卵から5日目から飲んでいるプロゲストン錠剤がなくなる前に
出血が始まってしまいました。
実際には、周期でいうところの20日目から、茶色だけど、オリモノとは言えない
量の出血あり。オリモノシートでも油断は出来ない量。
日曜日には、鮮血での出血が少量あり、あとはまた茶褐色になり、
量は少しずつ増えて、月曜日には、トイレに行くと便器が赤く染まるほどになり、

これって、リセット?!

今日に至っては、量は少ないけど普通の生理の色になってるし。。。

プロゲ錠剤があと1日分残っているんだけど、飲んでもいいのかなぁ?
出血してるのに、黄体補充っておかしいかも。

ってことで、クリニックに電話してみたところ、

「薬は止めてOKです。出血が治まったら診察に来て下さい」 とのこと。

先生と直接話は出来なかったけど、予想通りの回答だったのでヨシとしよう。


話は変わるけど、
命の母Aってのがあるけど、あれってどうなんだろ?
身体に合う人、合わない人がいるみたいで、吐き気や目眩を起こす人も
中にはいるようで、飲むのを少し躊躇ってる。
昨日、ドラッグストア行ったのに、その時だけすっかり頭の中から消えてて(笑)
車に乗った途端思い出したけど、寒かったから諦めた。

知り合いの奥さんが、更年期障害で、汗をものすごくかいたり、
体温調節がうまくいかず、一人だけ暑がったり、寒がったり、目眩がしたりしてたから
命の母Aを定量ではなく、3分の1の量飲んで、すごく改善されたって聞いて、
飲んでみようかなって気になってるんだけど、試してみないと判らないよね。

養命酒よりは、飲みやすいような気がしてるんだけど(笑)


 
Genre: 結婚・家庭生活 Theme: 不妊治療 Category: 休憩
編集[管理者用] Comment(0) 
2011.11.10/ 14:50(Thu)
本日の体温、36.59。


先週土曜日の移植キャンセルから、日曜日を自宅でゆっくりと過ごし、
月曜日からはいつものように会社へ出勤し、いつものようにトイレ掃除をし、
いつもと変わらない1週間が始まりました。

火曜日には、4日目まで成長してくれていた卵が凍結出来たかどうか、
クリニックに聞かなければいけませんでした。
が、それよりもお金を払いに行かないと、どうも終わった気がしなくて、
とりあえずクリニックに電話しました。

培養士さんの話では、4日目の朝 G2 16セルだったのが、
5日目にはようやく桑実胚にまで到達したものの、そこでしぼんでしまいストップ。
結果、今回は何も成果がありませんでした。

痛かっただけか・・・

話が済んだので、電話を受付に回してもらい、今回の治療費の総額を聞きました。
採卵 105,000円  受精 105,000円 顕微授精 52,500円 胚盤胞培養 52,500円
そこから、3回目以降の採卵割引 31,500円をひいて、合計 283,500円でした。

会社が終わってから、お金を払いにクリニックへいくと、培養士さんがカルテを持って
出てきてくれて、別室へ。
5日目の桑実胚の写真と、精子の成績を記入した紙をくれました。
これからまた採卵から始めるに当たって、やはり増えすぎた体重はよくないと言われ、
そうですよね~(笑) と笑うしかなくて・・・

次回、最速で2月の採卵を希望しているので、それまでには頑張って痩せてくるから!
と気合入れて宣言して帰ってきました。

移植キャンセルを決めた土曜日に、プロゲストン錠剤 朝晩1粒ずつ が出たんですが、
今まで、注射をガンガン打って、薬も飲んで、ようやく37度近くまで上がった体温が、
あーんな粒2つで、しっかりと上がってるっていうから、判らない(笑)
睡眠不足の日には、少し下がりますが、しっかり休んだ翌朝は、36.9とかだし。


そろそろ、年末調整の紙がヒラヒラ配られる季節。
年が明けたら、医療費控除の申請をしなくちゃなーと思いつつ、
今年の医療費を計算してみたら、なんと、899,900円でした。
あと100円で90万円だっ!!

これで移植してたら、100万超えだったなぁ。  怖い金額・・・

結婚してたら、彼の所得税なんてほとんど還ってくるし、市県民税も安くなるのにな。
助成金ももらえるのにね・・・とついつい、思ってしまうのだった。

次回、リセットして8日目くらいに卵巣と子宮のチェックして、今回の治療は終了です。
 
編集[管理者用] Comment(0) 
本日の体温、36.62。

昨日の受精確認の結果を受け、彼と一緒に先生と話しに行って来ました。

クリニックへ行く道すがらでしたが、彼とどうするか話合い、
培養中の受精卵が胚盤胞になってもならなくても、今回の移植はキャンセルする。
そう決めて、これから先のことを相談しようと。

予約を取っていたので、さほど待ち時間もなく、院長は採卵があったんでしょう、
2階のラウンジでの話しになりました。

まず、先生から今回の採卵結果とその後の経過を聞きました。
昨日電話で聞いたとおり、7個中6個が変性卵であったこと、
4日目の受精卵の状態は、G2 16セル と少し成長が遅いこと。
本来ならば、桑実胚になっていればベストだけれど、成長はしているので
そう極端に悪い受精卵ではないということ。

先生の意見は、培養した受精卵と凍結卵を合わせ2つ移植したらどうか?
でしたが、私たちの出した結論は、移植キャンセル。

理由として、
1. 今回2個移植してしまうと卵がなくなってしまう。
2. 次回の採卵で成熟卵が採れるとは限らない。
3. 一番の理由は、自分のメンタル的な部分で、うまくいくと思えない。

追加培養してもらう卵は、凍結出来たらしてもらうことにしました。

3ヶ月後に、もう一度採卵したいと申し出ると、「やりますか?」と驚いた顔されました。
私の場合、まだ卵は採れる可能性が残っている為、採れそうな時に採っておきたいと
強く希望を出しておきました。

年が明けて、採卵から始めるか、今回凍結出来るかもしれない受精卵を使い、
凍結卵移植をやるかは、そのときに決めたいと思います。
けど、多分採卵からやると思うけど。。。

ただ、数ヵ月後、私が同じ状態ならばやっても同じ結果が出るかもしれないので、
私は私のための体力づくりを集中的にやると決めました。

ショート法の刺激に関しては、まだ自然周期には早く、ショートで十分期待出来るでしょう
と言ってもらえました。これはちょっと嬉しかった。
年齢を重ねていくと、排卵までの日数が短くなっていくそうで、
今回10日目での採卵もそのせいでしょうとのこと。
アンタゴニストを試してみるのもいいかもしれませんが、ショートでいけると思いますって。

それに今回は精子の状態もよくなかったようです。2人して失格だ。。

次回採卵出来るかどうかはさておき、まずはお互いの心と身体を立て直すことから
協力し合ってやっていこうと思います。

年末の忙しい時期を目の前に、移植キャンセルの決断は、
私のストレスを少し軽減させてくれたってのも正直なところでした。

決めたからには、よし!次!!


 
編集[管理者用] Comment(0) 
本日の体温、36.58。

朝: プレドニン ユベラ シナール 葉酸
昼: ユベラ シナール
夜: プレドニン プラノバール 葉酸 バファリン

採卵から3日、受精確認の日です。
この日、卵が順調ならば、2段階移植1回目となるはずでしたが・・・・


結果は、

受精したのは、わずか1個のみ。
7個採卵し、その時点で2個変性卵として廃棄。
残り5個に望みをかけていましたが、顕微の段階になって、
受精能力のない奇形卵が2個、変性卵2個でした。

7個採卵し、6個がダメだったという結果に愕然。

受精した卵も、3日目9時の時点で、グレード2 6分割 とイマイチな感じ。
2段階移植どころか、移植キャンセルになりそうです。

電話で対応してくれたのは培養士さんでしたが、先生の意見としては、
G2 6セルの受精卵を5日目まで胚盤胞を目指して追加培養し、
5日目に、この受精卵と凍結してある、6日目3ABを戻そうか  と。

ですが、この受精卵が明日にはせめて16分割、もしくは桑実胚に
成長していなければ、凍結卵しかないという事実。
これでは、移植するのは躊躇われ・・・・



今回もショート法でしたが、そろそろ限界なのかもしれません。
自然周期で1個ずつ・・・ってことになる年齢ではありますし。
次回もしまた変性卵だらけだったとしたら、かなり落ち込みそうだ。

明日の受精卵の状態を見てから、どうするか先生のご意見を聞いてみようと思い、
日曜日の移植予定を前に、診察予約を入れました。
もちろん、電話でもいいんでしょうけど、忙しいといい加減な返事になりそうだし。

彼にも報告しました。明日は一緒にクリニックへ行ってくれるそうです。
なかなか時間が取れなくて、一緒には行けないので、不安ながらも心強いです。

クヨクヨしてても仕方ない!いい結果に転がるわけでもなし!
前に進むべく、次どうするか考えよう。
 
編集[管理者用] Comment(0) 
2011.11.01/ 13:29(Tue)
ああ、痛い。

朝7時半に彼がきてくれて、精子採取。
それを持って、クリニックへ行ってきました。
本日の採卵は私一人だったので、静養室も貸切。

術衣に着替えて体温測定。36.6
ブドウ糖点滴と座薬を入れて、準備OK。

今日は、院長先生と培養士1年目の方が採卵してくれました。

今回は格別痛かった・・・
卵胞計測時見えていたであろう、左右合わせて7個の卵子を採取、
うち2個は変性卵のため受精には不適格だとして、ボツ。
使えそうな卵子は、5個。

採卵2日前のE2は、2079。数値から言えば7個分ってことかな?
@300とすれば。
成熟卵が採取出来たと理解していいのかなぁ?
「数値としてはまずまず、P4もLHも上がっていなかったので大丈夫でしょう」
って、先生は言っていたけど。
この2日間でP4は上がっていたかもしれないけどね。そうすると早期黄体化って話。

採卵が終わってから、ずっと刺すような痛みが続いて、歩くのも危うかったので
2時間ほど爆睡してから帰りました。
道路のギャップで思わず顔をしかめる・・この時ばかりは、道路整備課に
文句をいいたくなります(笑)

処方された薬は、いつものようにロキソニンとケフラール(痛み止めと抗生剤)

受精確認は4日金曜日10時に電話で。
その段階での卵の成長具合で、2段階になるか、移植パスになるか決まります。

6日目で胚盤胞に成長し凍結した受精卵が1個あるので、
それも含めていい状態で移植したいと思います。

まずは受精してくれるかどうかですけどね。
5個全部顕微をお願いしてあります。ふりかけでは多分無理だろうから、
卵を無駄にしないための手段です。

金曜日までじっくり休んで、万全の状態でお迎えできるようにしたいです。
3日からは、以前妊娠したときと同じ処方ということで、プレドニンとプラノバール。

そうだったっけ?覚えてないなぁ(笑) あとでブログ読んでみよ。


 
編集[管理者用] Comment(0) 
 
Copyright © 2011 こ の 椅 子 。, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。