37歳から高度不妊治療開始、45歳で出産、その後・・・
http://konoisu.blog97.fc2.com/
admin
 

プロフィール

たみ

Author:たみ
年齢:46歳

30歳の時、両卵管閉塞が発覚し
体外受精を試みるも
精神的に撃沈して離婚。
その後、共に歩いてくれる彼と
出会い、再度体外受精に
挑戦し、8年目、45歳でやっと
授かり無事出産しました

今までの治療に関しては
カテゴリ「治療履歴」
をご覧下さい

過去の記事

リンク

Linkについて

同じ治療をされてる方ならばどなたでもご自由にどうぞ。コメントいただければ相互リンクさせていただきます。

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2012.11.29/ 22:22(Thu)
今周期は真面目に記事を書かなかったので、まとめて書いちゃう。

D3よりhMGを打ちました。
先生にお願いして、450スタートであとは300を卵が成長するまで続けます。

D3 hMG450
D4 hMG300
D5 hMG300
D6 hMG300 エコー 右2つ 左3つ EM6.6
D7 hMG300
D8 hMG300 エコー 
   右 14×10 14×9 10×10 8×8  左 14×12 14×12 10×10 8×8 EM10.1
D9 hMG300+セトロタイド0.25ml エコー
   右 15×15 17×11 15×13  左 16×10 16×14 10×10 EM10.9
D10 hMG300+セトロタイド0.25ml エコー 夜hCG10000
   右 22×13 19×12 20×16 20×15 10×10
   左 19×18 18×15 15×15 16×12 12×8  EM10.8

D11はおいしいもの食べて

D12 採卵 12個採取

私は、左側の卵巣が子宮に癒着しているため、左の卵巣の採卵はかなり痛い。
左側の卵の成長もよかったことから、静脈麻酔をお願いしてありました。
局所麻酔じゃきっと、痛すぎて先生を蹴飛ばしそうな気がしたので(笑)

この日の採卵は2人で、7時半前にクリニックへ到着。
土曜日だったので、久しぶりに彼と一緒に行くことができました。
大概平日なので、一人で行って一人で帰って、家で寝てることが多いんだけど、
彼がいるときは、運転手もしてもらえるし、家のこともしてくれるし、
採卵後痛くても気分が違う。 安心できます。

麻酔導入剤の筋肉注射をして、体温と血圧測定のあと点滴。
すぐに採卵室へ入って、麻酔入れられてボォーっとしていたところへ
先生無言で登場。いつもなら、挨拶くらいするのにこの日はご機嫌斜めだったみたいです。

あまり痛みのない右側から採取、あまり記憶なし。
左側に移って、激痛で思わず声が出てしまいました。  ううぅぅぅ・・・
このうめき声は、隣の静養室にいた彼にも聞こえたみたいです。
もう一人待っていた患者さんにも(笑)  ちょっと恥ずかしい (〃▽〃)

採卵が無事終わって、歩いてベッドへ移動してウトウト。
かなり痛みが残りました。
2時間くらい休んだら麻酔もかなり抜けてきました。
2人目の人も採卵終わって休んでるところへ、培養士さんが説明に。
抗生剤と痛み止めを処方してもらい、採卵結果を教えてもらいました。
今回はなんと12個も採れたそうです。一番の成績ですよ、数だけは。
どうりで痛かったはずだ・・・

12個採れたけど、この時点で中身は不明です。
変性卵もあったようですが・・・3日目の10時に電話で授精確認してください。といつもの段取り。

当日は暖かくしてずっと寝てました。日曜日もどこにも行かず。
月曜日までずっと痛みは続いてました。

で、卵の培養経過は・・・




 
12個のうち、空砲が2個、残り10個のうち授精可能な卵は4個、6個は変性卵も含め廃棄。
4個全部顕微してもらい、3つは成長してくれました。

培養3日目で、G2-8セル×2個  G3-8セル×1
かなりうれしかったです。どうしてかというと、hCGを打った日の血液検査で
E2が1200ほどしかなかったから。

そして、5日目の今日、3AAの胚盤胞を1個凍結できたそうです。
残りの2個は、桑実胚まで成長していて、そのうち1個は胚盤胞になりかけでした。
6日目まで様子を見て、凍結出来るかどうかです。

次の診察は来週中だそうです。
そうだ、会計もしないと。

初のアンタゴニストでしたが、身体はとても楽でした。
点鼻薬は時間を決めてやらないといけないので、仕事中は時間がずれることもあるけど、
この方法は気にすることがないので、私の生活リズムには合ってるかも。

凍結した卵を移植する時期を考えて、次の診察の時に相談してきます。
なるべく早い方がいいよねーやっぱ。

スポンサーサイト
編集[管理者用] Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 
Copyright © 2018 こ の 椅 子 。, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。