37歳から高度不妊治療開始、45歳で出産、その後・・・
http://konoisu.blog97.fc2.com/
admin
 

プロフィール

たみ

Author:たみ
年齢:46歳

30歳の時、両卵管閉塞が発覚し
体外受精を試みるも
精神的に撃沈して離婚。
その後、共に歩いてくれる彼と
出会い、再度体外受精に
挑戦し、8年目、45歳でやっと
授かり無事出産しました

今までの治療に関しては
カテゴリ「治療履歴」
をご覧下さい

過去の記事

リンク

Linkについて

同じ治療をされてる方ならばどなたでもご自由にどうぞ。コメントいただければ相互リンクさせていただきます。

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
今日も外の気温は35度超えの様子。
一度室内へ入ると、もう外に出る気になりませんね。

今日は、初のマタニティスクールです。
母親学級とか、両親学級とかって名前は聞きますけど、どうすればいいのか・・・
通っている福山医療センターのHPに、28週までの妊婦および夫が参加できる
クラスがあったので、主人同伴で申し込みました。

一人で参加するよりも、夫婦揃ってお話を聞くことが大事だと考えてくれてたようで、
有給取って参加してくれました。
それに引き替え、妊婦の私が仕事を中抜けして参加する事態になってましたけど(笑)

辞めると分かってから、ちょっと厳しいんですよね・・・休むことに対して。

それはともかく、初体験はドキドキで。

まずは、NICUを担当してらっしゃる新生児専門の先生のお話。
予定では30分くらいだそうですが、いつも1時間お話されるので、あとが押しちゃうw
話の内容は、主にカンガルーケア、早期母子接触の利点についてでした。
ご自分の体験談も加え、母乳の利点や、それについての勉強などを聞き、
漠然としていたものが、少し形を表してきたかな?

自分の乳で赤ちゃんを育てるんだー  って感じ。

次のお話は、私の担当医でもある山本医長のお話で、妊娠とその異常について。
妊婦の高齢化が進み、今までとは違う患者さんの流れ、リスクなどのお話で、
頷くことばかりでした。また、胎盤早期剥離の危険性や、早産など
これからも起こりうるであろうリスクをよく知ることで、きちんとした対処をしなきゃと
改めて考えさせられました。

色んな想いを乗り越えて、やっと授かったわが子を、無事この世に産みだすことは
妊娠することよりも、大変なことかもしれませんね。

その後、栄養士さんの妊婦の栄養についてのお話も聞きました。
栄養バランスの話や、体重管理の話など、いつも聞いてる話でも何だか新鮮でした。

そうそう、
参加した5組のうち、3組は夫婦での参加で、それぞれの旦那さんが、
模擬妊婦が体験できるパットを装着してお話を聞いてました。
30分ほどでは、まだまだこれから大きくなっていくお腹を理解することは難しいでしょうけど、
なるほど!と思ったところもあったようです。

次は、33週で受講する両親学級です。
助産師さんによる出産の説明や、病棟の見学とかになりそうです。
ひとつひとつ、親になる準備なんですね。

スポンサーサイト
 
編集[管理者用] Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 
Copyright © 2017 こ の 椅 子 。, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。