37歳から高度不妊治療開始、45歳で出産、その後・・・
http://konoisu.blog97.fc2.com/
admin
 

プロフィール

たみ

Author:たみ
年齢:46歳

30歳の時、両卵管閉塞が発覚し
体外受精を試みるも
精神的に撃沈して離婚。
その後、共に歩いてくれる彼と
出会い、再度体外受精に
挑戦し、8年目、45歳でやっと
授かり無事出産しました

今までの治療に関しては
カテゴリ「治療履歴」
をご覧下さい

過去の記事

リンク

Linkについて

同じ治療をされてる方ならばどなたでもご自由にどうぞ。コメントいただければ相互リンクさせていただきます。

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2013.10.31/ 04:18(Thu)
カテゴリを移動しようか、新しいブログを立ち上げようか考えました。
が、子供はまだ安定はしているものの、NICUで治療中ですし、私もまだ退院してませんので、
自宅に帰るまでの経過は、このままここで書かせていただこうと思います。

まずは、私のこと。
背中に入っていたカテーテルから入っていた痛み止めの麻酔薬が切れた途端、
後腹ではなく、OPの傷が痛んでまともに起き上がることもままならなくなりました。
痛み止めとして、ロキソニン錠剤が出ていますが、これも6時間おきでないと飲めず、
点滴台を杖代わりにして、お腹を抱えそろそろと歩いております。

同じフロアにあるとはいえ、私がいる病室からNICUは一番遠い場所にあり、
ヨボヨボしながら毎日数回通って、子供の顔を見て話しかけてます。
ほぼ寝てるので、本人にしてみれば、静かに寝かせろや!って怒ってるかもしれませんが(笑)

母乳マッサージも1日6回を目指すように指導されていますが、なかなかどうして4回が限度。
昨日、ようやく右が1つだけ開通し、綿棒に吸い取ってもらって
子供になめさせてやることが出来ました。助産師さんが持って行ってくれました。

さっき、この記事を書く前に自分でマッサージしてたら、右から少し出てくれたので
また綿棒で吸わせて冷蔵庫に保存しました。子供用滅菌綿棒なので細い先に
すこーしだけなんですが、それでも赤ちゃんの口に入れてなめさせることでOKなんだそうです。
早くもっとたくさん持って行ってやりたいので、もっとマッサージしないと。

時間の割り振りが下手ですね、私。食事のあとについ寝てしまったりして・・・
でもって、夜中は必ず30分おきくらいに目が覚めてしまい、PCつついてたり。
母親としてやるべきことをやらなければいけませんね。

子供はというと、
未だ呼吸器は外れていませんが、補助している酸素濃度が少しずつ減っていて、
徐々に肺の機能が普通の状態に近づいているのかなぁ?と思います。
このまま少しずつでも順調にいってくれれば、そんなに遠くない日に呼吸器も取れて、
自分の力で乳を飲んでくれる日がくるのでしょう。
焦ってはいけない、と自分に言い聞かせて、あふれ出そうな感情をぐっと抑えています。

大丈夫、こういう思いを何度も繰り返しながらここまで来たんです。
これから先の方が長いんだもの、ここで泣いてちゃ話にならない。
この子の生命力を強く信じて、笑顔で名前を呼ぼう。強く頼れる母でいよう。

そう思っています。



スポンサーサイト
 
編集[管理者用] Comment(2) 
 
Comment
 

ご出産おめでとうございます&お疲れさまでした!
お子さん、NICUで頑張っているのですね~

わたしの子も帝王切開後の保育器から出られなくて、ちいさい手の甲に点滴やら鼻からチューブやら繋がれていたのを泣きながら見に行ったのを思い出します。(わたしはボロボロ泣いていましたが……)
母乳も、シリンジで一滴ずつ取っては運んでいました。

お気持ち、とってもよくわかります。
過ぎ去った今なら「すぐに戻って来られるし、ほんのちょっとの個人差だもんね」と思えますが、あのときは本当に辛かった。
なんでわたしが? 治療して大変な思いしたのに。。。と思ったこともあります。

今はどうか、ちょっとした時間差だわ~とゆったり構えることが出来るよう、お気持ちを優しく持ってくださいね。
多くの可能性を乗り越えてきているのだから、きっとすぐに戻ってきて、「こんなことならもう少しNICUに……」って思えるようになると思いますよ。
それまではゆっくり休んでくださいね~

NAME:17 | 2013.11.01(金) 09:45 | URL | [Edit]

 

17さんへ

こんばんは。コメントありがとうございます。
出産直後、早期母子接触で胸の上に置かれ、触れたわが娘とそれからずっと
逢えない日々は本当につらかったです。
泣いてどうなるものでもないし、と判ってはいても一人の時には泣きました。
が、一日一日すごいスピードで回復していく娘に強い生命力を感じ、
私も強くないと!ってつくづく考えさせられました。
このたった1週間は、長い1週間でしたが私の体が回復するには十分な時間でした。
娘がその時間を与えてくれたのだと思います。親孝行な娘です。

その娘も明日退院が決まったので、明日からは実母に手伝ってもらって
1か月弱、がっつり娘と向き合って過ごしたいと思います。

NAME:たみ | 2013.11.10(日) 00:03 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 
Copyright © 2017 こ の 椅 子 。, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。