37歳から高度不妊治療開始、45歳で出産、その後・・・
http://konoisu.blog97.fc2.com/
admin
 

プロフィール

たみ

Author:たみ
年齢:46歳

30歳の時、両卵管閉塞が発覚し
体外受精を試みるも
精神的に撃沈して離婚。
その後、共に歩いてくれる彼と
出会い、再度体外受精に
挑戦し、8年目、45歳でやっと
授かり無事出産しました

今までの治療に関しては
カテゴリ「治療履歴」
をご覧下さい

過去の記事

リンク

Linkについて

同じ治療をされてる方ならばどなたでもご自由にどうぞ。コメントいただければ相互リンクさせていただきます。

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2016.09.25/ 23:14(Sun)
ここも半年ぶりです。
乳がん発覚から1年以上が経過しました。
先週、手術から1年の検診がありました。

私の場合は、骨シンチとCT。血液検査はかかりつけで定期的にしていますし、
現在は肝臓内科へも通っているので、そこでも血液検査があります。
それにこの時期に合わせて、子宮頸がんと体癌の検診も入れておきました。

久しぶりに上がる内診台にちょっぴり懐かしさを感じながら、
子宮の壁面をこするように細胞を採るので、痛いのなんの。
経膣エコーで、卵巣の状態と子宮の様子を診てもらい終了。

結果は、「何かあれば今週中にお電話しますが、多分大丈夫ですよ」と言われました。
きっと大丈夫でしょうと言われながら、乳がんが見つかった経歴もありますし、
あまりぬか喜びしない方がいいのではないか?と思ったりもします。

CTと骨シンチの結果も、転移も見られませんし、これからもまた継続して駐車と飲み薬を
続けて下さいってことで。

次の検査は来年の9月です。

自主的に定期的に受けるべき健診は、癌検診でしょうか。
芸能界で病気になる人あれば、勇んで検査に行く人増大。
でも、何きっかけでもいいので、とにかく癌検診は受けてほしいと思います。

スポンサーサイト
 
Genre: 結婚・家庭生活 Theme: 不妊治療 Category: 思ふ
編集[管理者用] Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 
Copyright © 2017 こ の 椅 子 。, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。